影
影 影
スタンプデザイン
書評 近代文藝社
新刊案内 既刊案内 好評・話題本 選定図書 書評 著者は語る 重版情報
翻訳書 新書 絵本・写真集 図書購入 原稿募集 近代文藝社ホーム
影

←戻る |  ページ:   1    2    3  . . . | 次へ→

書評
book shadow
book shadow
 
 
book shadow
book shadow
《随想》
ドクトゥール白ひげ 回顧録


齋藤 晴比古
2017.08.07
ISBN:978-4-7733-8042-2
定価 1620円
徳島県医師会報 平成29年9月号

 著者は、来年古希を迎える徳島市在住の医師である。病院勤務を経て、1996年、徳島逓信病院の院長に就任。2017年に定年を迎え、その節目に半生を振り返った。
 全13話 内分泌・代謝の専門医として患者と向き合った体験、統計学を駆使して大当たり台を突き止め、半日で42箱をゲットしたパチンコ、ベルサイユ宮殿での100円玉探し、クチナシの小枝が取り持った妻とのラブストーリー、ある日突然、あの王貞治さんから院長室にかかってきた電話の内容も明かされる。
 一読して感じたのは、仕事でもプライベートでも、事の本質を極めずにはおれない探求心の旺盛さである。毛深さに悩む未婚女性の治療では、原因の手がかりをつかむまでに足かけ5年。自家調整した混合製剤による薬物療法が見事な効果をあげ、女性らしい肌つやがよみがえってきた。女性は恋愛結婚し、母となった。
 この治療をヒントに育毛剤の開発に挑戦して「成功」、特許取得の話まで進んだが…
 救急搬送された34歳の女性が「総入れ歯」だったことに疑問をもったことから解明した「潜在型の偽性副甲状腺機能低下症」は、世界初の症例報告、欧米の学術誌で広く紹介された。胃を切除した患者に限って起きる十二指腸液の逆流による耐え難い胸やけに、リンゴが効果あること、胃がんの手術後に起きる腸閉塞にはあるツボの指圧が有効なこと、自らが患者となって知った情報も披露している。
 医学の知識がなくても理解でき、読んで面白くタメになる。


日医ニュース No.1344 2017.9.5

 著者は、来年古希を迎える徳島市在住の医師である。病院勤務を経て、1996年に徳島逓信病院の院長に就任。2017年に定年を迎え、その節目に半生を振り返った。
 全13話からなり、内分泌・代謝の専門医として患者と向き合った体験、ベルサイユ宮殿での100円玉探し、あの王貞治さんから院長室に掛かってきた電話の内容も明かされる。
 全編を貫くのは、仕事でもプライベートでも、事の本質に迫ろうとする探求心の旺盛さである。救急搬送された34歳の女性が「総入れ歯」だったことに疑問をもったことから解明した「潜在型の偽性副甲状腺機能低下症」は、世界で初めての症例報告だった。
 十二指腸液の逆流による強烈な胸やけにはリンゴが効果があること、胃がんの手術後に起きる腸閉塞にはあるツボの指圧が有効なことなど、自らが患者として発見した情報も紹介。読んでいて面白く、タメになる一冊となっている。


ALPHA CLUB 平成29年9月15日

 著者は、齋藤病院、徳島逓信病院(院長)を経て、本年4月発足の徳島平成病院の院長。これまで日本医師会最高優功賞、日本郵政公社総裁表彰などを受賞している。
 42歳のとき、胃がんで胃を切除し、腸閉塞を体験。その激痛の中から対処法を見つけ出す。「背筋を伸ばして何気なく手を後ろに回して背中を上下にさすると腹痛が遠のいた」ことから、指圧と東洋医学の資料を検索し、「志室(ししつ)」というツボが腸管の諸機能を賦活(ふかつ)せしめることを見つけ、「自分でできる腸閉塞の指圧療法」を発表(本誌にも掲載)。後日、腸閉塞に苦しんでいた王貞治さんからも直接、電話があったという。胸やけ解消法では、生のリンゴか、搾りたての生リンゴ果汁の摂取が効果的であることを外国旅行で見つけている。
 著者の医療への探求は幅広くてユニークだ。「多毛症の治療と発毛育成剤」、フランスからの「禁煙ポスターの依頼」、「留置人の健診」などが綴られている。最終章では昔勤務していた慶應義塾大学病院の患者さん(奥様)から贈られたクチナシの若木が今も病院の玄関で命を開花している胸がつまるエピソードも。医師ならではの医療に関しての温かいエッセイ集である。 >
会社案内
アクセス
プライバシーポリシー

ご意見、お問い合わせ

本の検索
完全一致
部分一致



book shadow
book shadow
 
 
book shadow
book shadow
《論文》
蛇、鳥と夢


中邑 徹
2017.04.20
ISBN:978-4-7733-8032-3
定価 1836円
THE FLAME Summer 2017

LESSONS OF THE PAST

Most people probably assume―If they think about such topics at all― hat our civilization is the last and greatest one that we live in an age that is the culmination of everything that has gone before us.
Toru Nakamura is not one of these people. For Nakamura, there are ancient ruins around the world that prove such assumptions are premature. An international economist who has served in consulting and executive leadership roles for companies around the world, Nakamura has visited many sites―Gobekli Tape, for example, in southeastern Turkey― hat dramatically challenge the view that our civilization is the greatest and will never decline, in his new book Snakes, Birds and Dreams (available in Japanese), Nakamura draws on the lessons of the past in the hope of saving ours from such a fate.
Tapping into the Greek symbol of the caduceus, a wand topped with wings and two entwined snakes, Nakamura’s book searches across fields and disciplines for insights into behavior and answers to problems―an approach that CGU’s Transdisciplinary Studies program would certainly appreciate.
Such a wide-ranging view is critically necessary to our civilizations future, Nakamura explains. In fact, the problem for too many social scientists today, he writes, is that they have become “increasingly specialized, paying little attention to what other disciplines are discovering and are losing the humanist perspective.” In the process, they ignore the imagination and the importance of virtues like love or trust in a healthy society―something that Nakamura addresses in his fascinating new book.Snakes, Birds and Dreams(Kindai Bungeisha).
book shadow
book shadow
 
 
book shadow
book shadow
《随想》
卓球アンソロジー


田辺 武夫
2016.08.20
ISBN:978-4-7733-8012-5
定価 1620円 〈品切〉
北海道新聞2016年9月11日号

名作の描写 愛ある想像

 卓球を熱愛する著者が、文学から映画までありとあらゆる創作物において卓球に触れている部分を取り上げ、独自の文学観と詩情をもって解説するという前代未聞の奇作・労作である。
 著者は高校教諭の傍ら卓球専門誌などでこうした文章を発表してきた知る人ぞ知る存在で、本書はその集大成となる。その情報量と行動力は趣味の域を軽々と超える。否、趣味だからこそ可能だったというべきか。
 当然、卓球を主題とした作品が多く取り上げられているが、むしろ著者の真骨頂は卓球とは縁もゆかりもなさそうな作品に「卓球」の文字を見つけ出すことにある。『アンネの日記』ではアンネたちが卓球に熱中していたことを見つけ出し、武者小路実篤『友情』では主人公がヒロインの卓球をする姿の美しさに息をのむ描写を見逃さない。
 こうした執筆活動のモチベーションは著者の言葉によれば、「卓球が表現者によってどのように描かれているかを探り、その作品の想像力を卓球人の活力に変えること」だというが、ときに著者の興味は作品だけではなく作家たちと卓球とのわずかな関わりにまで及ぶ。芥川龍之介と川端康成が卓球で対戦したとか、井伏鱒二が卓球の審判をしたなどというどうでもよさそうな記述までをも全集や雑誌の片隅に見つけ出し、その光景に思いをはせるのだ。本書の卓球文化史としての一面である。
 白眉は、若き日の夏目漱石がロンドン留学をしていた時期、当地で流行し始めた卓球に触れていた可能性に思い当たり、ついにその記述を日記の中に発見するくだりだ。それが日本に卓球を導入したとされる坪井玄道のロンドン留学の前年であったことから、著者は、漱石が卓球をした最初の日本人であることに思い至り、感慨にふける。ここではもはや漱石さえも著者の卓球に対する尋常ならざる思いの引き立て役と化している。
 これほどまでに著者をとらえこのような本を書かせてしまう卓球というものの奥深さと罪深さを堪能できる1冊である。
(評・卓球コラムニスト 伊藤条太)


日経新聞2016年10月13日号(夕刊)

「目利きが選ぶ3冊」
古今の心の奥に触れる言葉


 本当に思ったことだけを端正に書く。根底に静かで熱い使命感がある。つまり、よき文芸。卓球サークルの外の読者にとっては「知られざる名文家」発見の喜びもかさなる。
 かつて早稲田大学卓球部主将にして高校の元国語科教員が、小説に時に随筆に映画、卓球にまつわる古今の表現から心の奥に触れる言葉を引く。アナーキストの大杉栄は作家の吉屋信子とピンポン台に対峙していた。拉致被害者の蓮池薫は平壌でのテレビ観戦の記憶を冊子連載に記す。日本初の卓球人が夏目漱石との仮説は著者による日記精読から。
 「ゴムと、汗と、木の香りが合わさって、やる気が起きてくる」。小学五年生がラケットを作文にした一節だ。。
(評・スポーツライター 藤島大)
book shadow
book shadow
 
 
book shadow
book shadow
《小説》
ギザ耳ロベールと怪談集


江見 祥生
2016.05.20
ISBN:978-4-8231-0940-9
定価 1944円
津山朝日新聞2016年6月27日号

本で冒険してみたい

 「体が弱く冒険ができなかったので、この本で冒険をしてみようと思った」――。37年間にわたり人工透析を受けながら闘病生活を送る林田の江見祥生さん(65)が、中世のヨーロッパを舞台にしたファンタジー小説『ギザ耳ロベールと怪談集』を初出版した。
 実在するリヒテンシュタイン公国をモデルにしている。主人公のロベールは元傭兵で、友人の侯爵が建国した際、天から認められて国を守護する“上級精霊”に。「異端審問官」や「奴隷商人」といった弱者や善人を迫害する者たちを、仲間や子孫、御使いの「猫」たちとともにあの手この手で懲らしめ、悔い改めるチャンスを与える物語。5章で構成している。
 幼いころから病弱で、小学生のころ腎臓を患った江見さんは、父親に買ってもらった少年少女文学全集を夢中になって読んだ。「宝島」が一番のお気に入りで、「ロビンフッド」や「十五少年漂流記」「海底二万海里」「飛ぶ教室」なども愛読したという。國學院大学では国語学を専攻した。
 週3回、1回4時間にわたり透析を受けている間は、常に物語に思いをはせているという江見さん。6年ほど前に母親に読んでもらおうと、父親の後押しもあり小説を書き始めたが、書きすすめるうちに、子どものころから支え続けてくれた小説を自分のために書きたいと思い、約半年間で書き上げた。
 「亡くなった母と父も喜んでくれていると思う。冒険はまだまだ続きます」と江見さん。すでに次作を執筆中だ。

←戻る |  ページ:   1    2    3  . . . | 次へ→



This site is best viewed with newest version of Internet Explorer. Copyright 1999 by 近代文藝社. All right reserved. プラグインInternet ExplorerfirefoxFlash Player