影
影 影
スタンプデザイン
書評 近代文藝社
新刊案内 既刊案内 好評・話題本 選定図書 書評 著者は語る 重版情報
翻訳書 新書 絵本・写真集 図書購入 原稿募集 近代文藝社ホーム
影

←戻る |  ページ:   5    6    7  . . . | 次へ→

書評
book shadow
book shadow
 
 
book shadow
book shadow
《評伝》
古関裕而 1929/30

かぐや姫はどこへ行った


国分 義司
ギボンズ 京子
2014.04.30
ISBN:978-4-8231-0895-2
定価 2052円
福島民報 2014年5月18日

 古関が作曲した舞踊組曲「竹取物語」の行方とともに、若き日の古関に迫った力作となっている。
 舞踊組曲「竹取物語」は、古関が福島商業学校(現福島商高)在学中の作品。1929年にロンドンの音楽出版社のコンクールに応募し、二等入選したとされ、翌30年1月に新聞紙上に大々的に報道された。しかし、古関は「当選なんかしていない」と発言、後に書かれた自伝「鐘よ鳴り響け」でもそのことが記載されていないなど、不可解なことも多い。楽譜についても所在不明で、“幻の曲”となっている。
 著者は、作品が書かれ、当選の報道があった2年間に注目。この時期は遠距離恋愛を経ての結婚、上京し日本コロムビアとの専属契約など、古関にとっての節目の年になっているが不明な点も多い。当時の古関の生活ぶりや報道がなされた経緯、事実関係などを丹念に調べるとともに、共著者のギボンズさんがイギリスの図書館を調査するなどして楽譜の行方を追っている。
(掲載文抜粋)

福島民友 2014年5月23日

 新聞記事と古関の手紙を手がかりに、古関の行動や心情を推理する展開は、ミステリーさながら。特にイギリスで新資料をこつこつと探す後半は緊張感が高まる。
 著者の一人で、古関と同じ福島商高出身の国分義司さん(76)=名古屋工大名誉教授、本宮市生まれ=は「取材を通し、今まで分からなかった古関の側面、世界の最先端に目を向けた徹底的に野心的な19歳の姿が見えてきた」と話している。
(掲載文抜粋)
会社案内
アクセス
プライバシーポリシー

ご意見、お問い合わせ

本の検索
完全一致
部分一致



book shadow
book shadow
 
 
book shadow
book shadow
《医学》
血圧測定の父――ニコライ・コロトコフ


藤倉 一郎
2013.11.20
ISBN:978-4-7733-7904-4
定価 1080円
日医ニュース 2014年7月5日発行

 本書では種々のコロトコフに関する論文や評伝を引用してコロトコフの不幸で短い生涯を記載し、どのような経過でコロトコフ音が発見されたかが記載されている。
 今日の生活習慣病と言われる高血圧、狭心症、心筋梗塞、脳梗塞など、血圧測定なしには予防も治療も出来ないのである。
 病と苦難の生活の中で世紀の発見をしたコロトコフの偉業が広く認知されるため一読をお薦めしたい一冊と言える。
book shadow
book shadow
 
 
book shadow
book shadow
《翻訳小説》
ココアとカニ

ヘブリディーズ諸島の幼年時代


フローラ・マックドナルド
寺田真智子(訳)
2013.10.01
ISBN:978-4-7733-7887-0
定価 1296円
JAPANESE EDITION OF HEBRIDEAN MEMOIR
“COCOA AND CRABS “

Readers in Japan can now experience a Hebridean childhood, following the translation of Flora MacDonald’s memoir “Cocoa and Crabs” (Coco is Crubagan: A Hebridean Childhood) which was initially published by the Islands Book Trust in 2009.

The following year it came third in the national Tesco Bank Summer Read competition, being pipped to the post by Frankie Boyle and Ian Rankin.

While enjoying a break in North Uist in 2010, the Japanese artist, illustrator and translator Machiko Terada Schlumpf stayed at Flora’s bed and breakfast and purchased a copy of “Cocoa and Crabs”, prompting her to translate the work.

She has also created illustrations for the Japanese translation and these were featured in an art exhibition in Basel, Switzerland, where Machiko lives, in November.

The illustrations depict family life in Benbecula in the 1940s, with images of Flora collecting seagull eggs with her father, the interior of Curstaidh’s house and the wedding of Mairi Rossinish.

West Highland Free Press, Isle of skye 27. December 2013

2013年12月27日 スカイ島ウエストハイランドフリープレス


   ◆


A book describing growing up in Uist has caught the imagination of a Japanese illustrator and has been published thousands of miles away.

‘Cocoa and Crabs’ is the childhood story of Flora MacDonald and recounts life growing up on Benbecula in the 40s. After finding success at home following publication by the Island Book Trust the memoir has now brought the island way of life to a new audience.

The unique collaboration came about when Machiko Terada Schlumpf, from Japan, stayed in Flora’s Bed and Breakfast in Uist.

Flora explained: “Machiko, who bought the book at my B&B, must have been inspired to paint the images from the writing. She probably found similarities with her own island Japan at least through the fishing. It was certainly a great surprise to hear about her proposal.

“I have not been to Japan but I can imagine that there are similarities with Uist. World cultures are similar.”

Flora, who has since publishing ‘Cocoa and Crabs’ has subsequently gone on to record the rest of her life story, wrote the book as a tribute to her parents.

After leaving the islands ages 18, she studied and worked in Glasgow until returning to Benbecula 12 years ago. “The love of the place, my roots, called me back,” she said.

The book was also published and recorded in Gaelic, something that was particularly significant for the author. “I wrote the Gaelic version when I returned to Uist and felt a great affinity to my father and his forebears,” Flora said. “I wanted it to be published in Gaelic and the publishers also wanted the story in Gaelic. I recorded two accompanying CD’s in Gaelic for the benefit of my generation who could not read or write their own language.”

The journey didn’t end there though. After being published in Japan the illustrations were flown to Basle in Switzerland to featured in an art exhibition.

There may be more travelling in store for the memoir as Flora is keen to see it published in other countries, particularly Canada, America and Australia where there are many Gaelic learners.

2014年2月2日 ルイス島のストーノウェイの新聞
book shadow
book shadow
 
 
book shadow
book shadow
《翻訳小説》
稲妻


ジャン・エシュノーズ
内藤伸夫(訳)
2013.09.20
ISBN:978-4-7733-7892-4
定価 1620円
「本の雑誌」12月号

 独創的な発想の持ち主でありながら、ビジネスの面ではつまづきの連続だった発明家(小説では〈グレゴール〉という別の名を与えられている)の報われない人生を、無駄をそぎ落とした文章でつづっていく。

←戻る |  ページ:   5    6    7  . . . | 次へ→



This site is best viewed with newest version of Internet Explorer. Copyright 1999 by 近代文藝社. All right reserved. プラグインInternet ExplorerfirefoxFlash Player