原稿募集フォーム


[更新日 2017.03.09]
『横断する知性』が新聞で紹介されました!
全私学新聞2017年2月13日号
book shadow
book shadow
 
book
 
book shadow
book shadow
アメリカ思想家ヘンリー・アダムズを考察 「全私学新聞」2017.2.13  筆者は、アメリカの思想家・歴史家であるヘンリー・アダムズ(1838-1918年)について、20代の終わりに精力的に読み始め、雑誌『中央評論』(中央大学発行)に「横断する知性―ヘンリー・アダムズの現代性」(1990)という論考を(本書の『序論』はこれをもとにしている)を発表したのが、研究の始まりだった。  本書は、「序論 ヘンリー・アダムズの現代性」「第一部 横断する知性」「第二部 『ヘンリー・アダムズの教育』補記」「第三部 中世のほうへ」「結びにかえて」―という構成。第一部では、ヘンリー・アダムズにおける「歴史」の問題を中心的なテーマとし、「彼の歴史哲学、および歴史記述(の方法)に光をあてようとする試みである」(著者)。歴史家アダムズを今日的観点から読み直し、「新しいアダムズ像を描き出すことを意図している」。『アメリカ史』『モン・サン・ミシェルとシャルトル』『ヘンリー・アダムズの教育』の3作品を取り上げ考察している。  筆者は中央大学教授。


book shadow
book shadow
 
book
 
book shadow
book shadow
思想家・歴史家は、100年の時を超えて、今あざやかに甦る! 名門の子息として生まれながら、深い苦悩と向き合う人生を歩んだ ヘンリー・アダムズ。その全体像を解明した、わが国初の本格的研究書。

ウィンドウを閉じる


This site is best viewed with newest version of Internet Explorer. Copyright 1999 by 近代文藝社. All right reserved.
プラグインInternet ExplorerfirefoxFlash Player